Icchiy*s Music Log

お気に入りな音楽を紹介してます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真鶴の海を見ていた




今年最期の撮影は海に行った。
小田原と熱海の中間にある真鶴の海。

ちょうど海岸には午前10時半に到着。空はどんよりとした雲を覆われてしまっているが、しばらくすると雲の切れ目から太陽の光が差し込んでくるようになる。

真鶴は非常に暖かく日中は20度に近いのではないだろうかと思うくらいだ。午前中から日が沈む時までずっと海岸で海を見ていた。
こんなに長い時間海を見ているのは初めてかもしれない。

MANA-02.jpg


海のきらめきの中に何隻もの漁船が通りすぎいき、カモメがその後を追っていく。


MANA-06.jpg


真鶴にはまた巨木の小さな森がある。落葉樹ではなく常緑樹の森だ。
今年は樹景をたくさん撮ったので今回はパスすることに。

海岸には松の木がやはり多い。松の向こうに海面が光るようなフレーミングをして何枚も撮る。雲の切れ目から太陽の光が差す瞬間を待つ。

MANA-03.jpg


午後になると雲がすっかり取れ太陽が姿を現し、まるで春のような日差しになる。
そして日が沈むまで海を見ながら過ごす。
空が夕日で色づくころ行動を開始する。

MANA-04.jpg


ここ真鶴の海岸は残念なことに海には日が沈まない。
山側に沈んでしまうので空が焼けるのを期待する。

MANA-05.jpg


MANA-07.jpg


熱海の海岸沿いの街がよく見える。

*CANON EOS 20D Digital
使用レンズ:EF-S17-85mmIS ,SIGMA AF28-300mm
三脚 ベルボン NEOカルマーニュ630


スポンサーサイト

哀しき冬の日々とスティーブン・キングの小説




久しぶりにキングの小説を買って読んでいる。
『回想のビュイック8』
これで読了したキングの小説は46冊目を数える。

キングの小説は本当に面白い。
基本的にはホラー作家に分類される作家だが、『スタンドバイミー』、『グリーンマイル』や『アトランティスの心』と言ったノンホラー小説でも圧倒的な筆力と描写で読み手の心を掴んでしまうのだ。
モネが居なくなった寂しさを紛らす意味でもこの小説は救いになっているのだ。

写真はキングとは全然関係ないミニシクラメン(笑)

ベランダからの星景




どんな感じに写るのかなぁ~と試してみた。
脇に国道16号が通っているので車の数は多いけど、南の空に向けてバルブ撮影だ。
おお、結構写っているじゃん。星。
一段と明るいのはオリオンかぁ?
良く分からん。こうちさん、おせぇ~て!

EOS 20D Digital + EF-S 17-85mm マニュアル露出
絞りF4.5 バルブ設定で16秒
RAW撮影 ISO400 
2005年12月17日 午前0時56分

年末は雪が降るかな




東京は昨年末かなりの降雪があった。
こちらは滅多に降らない雪なので犬のごとくカメラを持って外に出た。
その時撮った一枚を。
今年は降るかな。


A Wildflower Still Grows




誰も見向きもしない路傍に野草は育つ。
写真家はそんな些細なものごとに眼を向ける。
そこに小さな命を感じるからだ。
フォトグラファーの心はそのように動く。
まだ誰も見たことのない光景に出会うために。

天使は飛び立ち、それでも僕らは毎日を生きていかねばならない




11日に入院したモネは、頑張りましたが13日、午後8時17分に逝きました。
かなりの重症で手術しても保証はないということなので安楽死を選びました。ごめんな。モネ。辛かっただろ。

心臓がかなり強い子で強い麻酔を2本も打たねばならなかった。
麻酔をかけている間、モネの背中がずっと動いていた。
それを見つめていました。かなり長い時間。
僕はこの光景を決して忘れない。
家族を安楽死させるなんて。

パルママと一緒にこの辛さを乗り越えないと。
彼女はもっと辛いし、一番の仲良しだったのだから。

天使は飛び立ち、それでも毎日はかならずやってきて、僕らは生きていかないといけない。

またまた裏山探索

今日もまた裏山、片倉城址へ行ってみました。
午前中に一回、夕方に一回(笑)

クヌギの雑木林は青空を背景に今が見頃という感じで色づいてました。
秋から冬は樹木が綺麗だ。




そして、丘の上のモミジもまだこんなに綺麗に紅葉しています。
今日は快晴だったのにで一際逆光で見るとモミジの葉が綺麗。

IMG_7700-S.jpg


IMG_7695-S.jpg


風が吹くとどんどん葉は散って、あたり一面モミジの葉だらけ。
一枚樹の間に挟まっているのを発見。あまり綺麗な葉ではないけど。

IMG_7762-S.jpg


夕方にもう一度パルママと出かけました。
パルママは相変わらずカマキリ撮りに夢中。
うん、なかななキュート♪

IMG_2790-S.jpg


パルママも光の当たる綺麗な落ち葉を発見。

IMG_2763-S.jpg


今日もよく撮った。。

IMG_2807-S.jpg

ダブルファンタジーな夜に

25年前の今日。
ニューヨーク・マンハッタン・ダコタハウス前でマーク・チャップマンはジョン・レノンに向けて5発の銃弾を放った。

『なぁ、あんたはあれが路上に染み込んだオイルの染みだと思っているのか? あれはな、天使の血だ』

使い道のない風景




僕らが写した写真が、僕らが目にした風景の特別な力を写し取っていることは、極めて稀である。

でも僕らがそのとき目にして、そのときに心かきたてられたものは、もう戻ってはこない。

写真はそこにあったものを写し取っているはずなのに、そこからは何か大事なものが決定的に失われている。

でも、それもまた悪くはない。

人生においてもっとも素晴らしいものは、過ぎ去って、もう二度と戻ってくることのないものなのだから。

村上春樹 『使い道のない風景』から

FH-20051207-2.jpg

続きを読む »

トビーかなぁ?




1枚目の写真は今年の3月に出会ったノラ猫のトビーの写真。左目の上に大きなたんこぶがあったのだ(笑)
写真に撮ったノラ猫は全部名前を付けることにしている。
片倉城址公園はノラの溜まり場だ。
今回、モミジを撮った帰りに公園の広場で休んでいると一匹のノラがやって来た。3月に会ったトビーのような気がするけど毛の色がちょっと違うような。。。でも懐いてくるのは全く同じ。う~ん。
トビーのようでトビーじゃない。あんた、だぁ~れ?


IMG_7529-S.jpg


左目の上が潰れているような気がするなぁ。

IMG_7531-S.jpg

Tree Lover 八王子片倉城址公園で

今日は朝から曇天。午後から雨が降るとの予報。
徒歩10分以内の片倉城址公園に行ってみる。
公園はクヌギの雑木林と銀杏とモミジが数本あるのでもう紅葉も見頃だろう。
雑木林を縫って丘の上に上がると広場に出る。
その一角に真っ赤に紅葉したモミジの樹、その奥にオレンジ色に色づいたモミジ。曇天の白い空に一際色を添えている。
独り撮影していると、何やら重装備(ザック・ハイキングシューズ)のシニアの団体が登ってくる。
ここ公園なんですけど~、そんな重装備は必要ないよ~(笑)


色づいたクヌギを見上げる。立派な枝ぶりだ。




クヌギの雑木林。

IMG_7509-S.jpg


公園内は落ち葉の絨毯で気持ちいい。そして懐かしい枯葉の香り。

IMG_7507-S.jpg


おお、目当てのモミジの紅葉。
今が盛りですな。

IMG_7483-S.jpg


そして、オレンジ色のモミジもリズミカルだ。

IMG_7490-S.jpg


モミジの落葉もまた綺麗。

IMG_7479-S.jpg


[EOS 20D Digital C-PLフィルター使用 全て手持ち撮影]

Top

HOME

Icchiy

  • Author:Icchiy
  • Icchiy'sブログへようこそ!
    デジタルスナップシューターの日記、雑感をUPしています。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。